イチバンライフ 株式会社

横浜市立大学発ベンチャー ~アーユルヴェーダ製品の研究・開発・販売~


English

rss

企業情報

研究概要・研究データ

取扱店舗情報

原料供給

共同研究先



トップページ»  バングラデシュ

黄金のベンガル バングラデシュ

バングラデシュは、日本の4割ほどの国土に約1億5千万人が暮らすアジア最貧国の一つであり、未だに人口の約3割が貧困層です。かつて8世紀にはベンガル地域は、仏教最盛期を誇り、最大の仏教僧院を建設するほど繁栄していました。ムガール帝国の時代には、ベンガルは経済的に豊かな州の1つとして謳われ、経済力の強さと文化活動レベルの高さから「黄金のベンガル」と呼ばれたいました。



イチバンライフ(バングラデシュ法人)

1. ダッカ市の北西約40kmに工場と事務所(2007年11月開設)

2. ダッカ市内に2つのヘルスケアセンター(販売店)オープン
1軒目:ミルプール(Mirpur)  2軒目:イースタンモリッカ(Eastern mollika)

3. 従業員14名(常勤)が製造および販売に従事している。生産マネージャー(アムリタ氏)はハーブ専門大学を卒業したハーブ専門家である。
その他、3名のハーブ専門家(非常勤)が協力している。

4.医薬品製造販売許可取得




主な事業内容
・ 医薬品としてアーユルヴェーダ製品(60種類)の販売
・アーユルヴェーダ専門医の資格を持つ2名が、ダッカ市郊外にて問診
・代表的なハーブの栽培


バングラデシュ 従業員


従業員14名(常勤)が製造・販売に従事している。
弊社アーユルヴェーダ専門医
1.ホサイン医師(写真左 上段 左から2番目)
2.アムリタ医師(写真左 上段 中央)

診察風景



アーユルヴェーダ専門医の資格を持つ医師2名が、ダッカ市郊外にて問診を行っています。
いつも診察待ちの行列ができるほど人気です。


セミナー風景


日本からもぼぼ毎年、バングラデシュに渡航し、セミナーなどを開いて研究データなどを発表しています。